研究集会データベース


2018A002 進化計算シンポジウム2018


主催機関 進化計算学会
開催時期 2018年12月8日 ~ 2018年12月9日
開催場所 休暇村志賀島(〒811-0325 福岡市東区大字勝馬1803-1)
趣旨・目的 進化計算の研究者が抱える数学的な問題を,集会当日より前に収集して数学者の方に提示し(集会タイプの2) ,集会当日,数学者の方に収集した問題の解決に役立つ数理的手法・理論に関する講演を行なっていただく(集会タイプの1)。さらに講演後に,進化計算研究者によるポスター発表形式の,問題に関するさらなる議論の場を設ける。これにより,進化計算分野のみでは解決できなかった問題解決を期待する。
研究の現状と課題 進化計算研究者が抱える自身では解決できない数学的な問題。集会の2ヶ月以上前にそれら問題を収集し,数学者の方が分かる形に整理して解決すべき課題を明確にする。
考えられる数学・
数理科学的アプローチ
解決すべき課題を募集する形式のため,アプローチを現時点で定められないが,集会より前に課題を数学者の方に提示し,アプローチを検討いただき,講演に反映いただく。
今後の展開・フォローアップ 問題提示した進化計算研究者と回答をされた数学者との共同研究につなげる、あるいは問題提示者が回答を反映させて研究を進め,進化計算学会で成果発表していただく。
他からの支援 進化計算学会
新たに明らかになった課題、
今後解決すべきこと
添付資料
プログラム 2018年12/8日(土)進化計算研究者による研究発表,数学者の方との懇親
2018年12/9日(日)数学者の方からの講演,進化計算研究者と数学者の方が議論