2019年度戦略目標「数理的情報活用基盤」に関わるCREST・さきがけ・ACT-X領域の公募開始

2019年度文部科学省戦略目標「数理的情報活用基盤」


数理科学と情報科学の連携・融合による
情報活用基盤の創出と社会への展開


に基づくJST戦略的創造研究推進事業CREST・さきがけ・ACT-Xの公募が開始されました。

詳細は以下をご覧下さい。


説明会ビデオ(JST Channel)


なお、昨年度文部科学省と経済産業省により、産業界において数学(脚注1)のニーズが高まっている現状を受け開催された「理数系人材の産業界での活躍に向けた意見交換会」の報告書、および、そこで引用されている先進各国における数理資本主義に関わるレポート等をAIMaP数理技術相談データベース「数学カタログ


数理資本主義の時代 〜数学パワーが世界を変える〜 (2019.3)

にまとめています。

また、AIMaP事業では数理的情報活用基盤(数学・数理科学×情報科学)に関連する活動を支援しています。AIMaP企画に関連する研究者リスト研究集会リスト講演リストなどは、

AIMaP数理技術相談データベース

に逐次収容しています。連携研究推進のために活用して頂ければ幸いです。なお、本データベースはAIMaP協力拠点と協力しながら順次更新中です。検索項目、追加データ、収容方法等、ご意見・ご要望ありましたら、

AIMaP事務局(aimap@imi.kyushu-u.ac.jp)

まで、お知らせ下さい。


(脚注1)ここで言う「数学」は、純粋数学、応用数学、統計学、確率論、さらには数学的な表現を必要とする量子論、素粒子物理学、宇宙物理学なども含む広範な概念。(cf. 経済産業省プレスリリース2019年3月26日)