九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 平成30年度共同利用研究計画公募について

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所で行う、平成30年度共同利用研究の公募のお知らせです。


平成30年度 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
共同利用研究計画公募の概要

本研究所は日本初の産業数学の研究所であり,多様な数学研究に基礎を置く,新しい産学連携の拠点として平成23年4月に附置研究所として設立されました.平成25年4月には文部科学大臣から共同利用・共同研究拠点「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」に認定され,理念である「マス・フォア・インダストリ」の具現化を推進しているところです.その事業の一環として,本研究所は平成28年度の共同利用研究を公募しており,以下にその概要を示します.詳細は公募要領

http://www.imi.kyushu-u.ac.jp/joint_researches

をご覧下さい.

1. 公募する研究種目
研究集会
本研究所もしくは九州大学の施設において,数日間の研究集会を公開で行うものです.内容や規模に応じて(I), (II)の2種に分かれています.両者とも組織委員会の委員と講演者には,それぞれ産業界からの参加を必須とします.また国際連携を進めるため,講演者として海外からの参加者を含めることが望ましいです.

短期共同研究
本研究所において,数名のグループで1週間程度の実質的な共同研究を行うものです.研究テーマとして,個々の企業の知的財産に直結するような狭い問題よりは,複数の企業や研究機関の研究者が協力して取り組めるような,ある程度の普遍性をもった問題を重視します.また,産学連携を推進するために原則として産業界からの参加者を含めることとし,共同研究実施中に講演などの一部を公開できるように計画していただきます.

短期研究員
本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中心とする九州大学に所属する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を行うものです.研究テーマとして,短期共同研究や研究集会につながることが期待されるような萌芽的な課題,あるいは企業等での研究開発現場で生起した,集中的な共同研究が問題の解決やその糸口につながるような課題など,近い将来,産業数学や産学連携の新たなシーズとなるような課題を歓迎します.応募の際は,予め関係する本研究所または九州大学の他部局の研究者と連絡を取り,協議をした上で計画を立てて下さい.

2. 公募の種別
(1) プロジェクト研究
「データサイエンスの進展とデータアナリティックスの拡大」
プロジェクト代表者:松岡英俊((株)富士通研究所),西井龍映(九州大学)

概要:より良い社会実現のため, ビッグデータを解析するサイエンスの深化,および抽出した新しい知の学術や産業への応用に関する研究を行う.

平成30年度は本テーマに関する研究計画をプロジェクト研究として他の計画と区別して公募します.本プロジェクト研究では短期共同研究1件,短期研究員1名程度を募集します.

(2) 若手研究
このカテゴリーでは,研究代表者として平成30年4月1日時点で博士号取得後5年以下の若手研究者を対象に公募を行い,短期共同研究2件程度を実施する予定です.研究テーマとして新しい発想に基づく挑戦的なものを期待しますが,将来の産学連携のシーズとなることを志向した萌芽的なものも歓迎します.これまでの研究経過や実績は重視しません.申請時点で産業界からの参加者がなくても構いませんが,採択後,本研究所が適当な産業界の研究者を参加者もしくはアドバイザーとして紹介します.

(3) 一般研究
このカテゴリーでは研究分野を特に指定せずに公募します.研究集会(I)4件,研究集会(II)2件,短期共同研究5件程度を実施する予定です.また,短期研究員は4名程度を募集します.

以上の研究計画は,すべて平成30年4月1日から平成31年3月31日までに実施されるものとします.

3. 応募方法
(1) 応募資格
大学・大学院・短期大学,大学共同利用機関,高等専門学校,国公立試験研究機関,独立行政法人および企業に所属する研究者.

(2) 応募方法
本研究所のウェブページ
http://www.imi.kyushu-u.ac.jp/
から電子申請システムを利用して共同利用研究計画提案書を作成し,応募していただきます.

(3) 応募締切日
平成30年1月31日(水)

4. 選考方法と採否の連絡
学外有識者と学内教員(本研究所所員を含む)8名ずつで構成される共同利用・共同研究委員会において審査の上,採否を決定します.プロジェクト研究はプロジェクト代表者が審査し,共同利用・共同研究委員会で採否を決定します.プロジェクト研究として採択されなくとも,一般研究として採択する場合もあります.採否は平成30年2月末までに申請者にお知らせします.委員の名簿は研究所のウェブページをご覧下さい.

5. その他
これまで問い合わせのあった事項に関して「Q&A」を本研究所のウェブページに掲載していますので,参考にして下さい.短期研究員に関しては,必要があれば本研究所の産学連携窓口が立案を支援します.詳細は以下の問い合わせ先にお尋ね下さい.

6. 問い合わせ先
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
共同利用・共同研究拠点事務 伊藤 和子
〒819-0395 福岡市西区元岡744
Tel.: 092-802-4408
Fax: 092-802-4405
E-mail: kyoten-jimu@imi.kyushu-u.ac.jp

研究会 “Mathematics in Industry NZ” のお知らせ

2018年6月にニュージーランドで行われる数学の産業応用に関する研究集会 “Mathematics in Industry NZ” をお知らせいたします。

■日時: 2018年6月25日(月)~29日(金)

■場所: Auckland University of Technology, New Zealand

■ウェブサイト: http://www.minz.org.nz/

■概要:
Mathematics-in-Industry NZ (MINZ) events offer a collaborative approach to industry problem solving, where mathematical scientists tackle real life problems shared by companies.

This week-long intensive period of collaborative brain-storming is a great way of solving problems arising in industry and the environment.

Come join us at Massey University, Palmerston North to solve interesting and vital industry challenges to help New Zealand businesses innovate and grow.

During the week long MINZ study group you will get to meet and work with fellow mathematicians from NZ and around the world to demonstrate your skills directly to industry representatives.

研究集会等の実施にあたっての諸手続き

AIMaPに採択された研究集会等の実施にあたって必要な書類を添付します. ご協力のほど, よろしく, お願い申し上げます.

研究会ウェブページ上の表記について(2017/10/31追記)

各研究会のウェブページには、AIMaPが主催・共催であることを記載していただくようお願いいたします。
「主催」、「共催」、”Co-organizer”, “Supporter”のいずれかとして
“Advanced Innovation powered by Mathematics Platform Program”
あるいは
“AIMaP Program”
とご記載ください。
また、可能であれば当プログラムホームページ
https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/
へのリンクをお願いいたします。

AIMaP事務局 aimap@imi.kyushu-u.ac.jp

 

AIMaPワークショップ等企画提案公募開始 (〆切:2017年7月6日)

本年度より開始される AIMaP 事業は全国の数学・数理科学研究者と諸科学分野や産業界の研究者・技術者との議論の場としてのワークショップ等の開催を支援し、共同研究への発展を促すとともに、そこで得られた知見・経験の共有、横断的な展開のための数理技術相談ネットワークの構築を考えています。そこで、以下の通りワークショップを募集致します。

申請から採択までのスケジュール
平成29年 6月16日(金) 電子申請受付開始
  7月 6日(木) 17時 電子申請締切
  7月17日(月) 承諾書締切
  7月下旬 審査
  8月上旬 採否結果・配分経費決定通知

公募要領を参照して、次のフォームより入力下さい.
公募は締め切られました。(7月6日)

問い合わせ先:
Email: aimap @ imi.kyushu-u.ac.jp (AIMaP事務局)
( @ の右と左の空白を削除して下さい.)

※ 平成29年度AIMaPワークショップ等審査基準(案) (2017/07/03)