AIMaP事業概要

ご挨拶

文部科学省科学技術試験研究委託事業「数学アドバンストイノベーションプラットフォーム」(AIMaP:  Advanced  Innovation powered  by  Mathematics  Platform,  H29~R3年度)は、「数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム(略称:数学協働プログラム)」(中核機関:統計数理研究所,  H24~28年度)で構築された研究活動のネットワーク型基盤を受け、数学・数理科学と諸科学分野・産業との協働を推進する組織的な取り組みです。九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(IMI)が幹事拠点となり、全国12の数学・数理科学機関を協力拠点としたオールジャパン体制を築いています。本事業の目的は、数学・数理科学の活用によりイノベーションにつながる可能性がある分野や業界等を中心に、産業界や諸科学分野において潜在する数学・数理科学へのニーズ(数学・数理科学を活用することで解決が期待される問題等)を積極的に発掘し、その問題の解決にふさわしい数学・数理科学研究者との協働による研究を促進する仕組みを、全国的ネットワークを活用する形で構築することです。具体的な主な活動は以下の通りです。

1.訴求活動を通した、重点化連携分野等へのアプローチ
2.数学・数理科学と諸科学・産業界との共同研究マッチングの推進
3.上記活動のフォローアップ、成果やノウハウ等の集約・整理、水平展開、人材育成への活用

AIMaP事業は、数学・数理科学の研究者およびそれを応用する研究者、さらに利活用する民間の方々に広く開かれています。わが国の数学・数理科学の知を結集し、諸科学・産業界に文字通り異次元のイノベーションがもたらされることを願ってやみません。関係各位におかれましては、本事業に積極的に参画してくださり、盛り立ててくださいますよう切にお願い申し上げます。

代表 佐伯 修
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所