過去の研究集会

数理が読み解く科学の世界

2022年4月24日
■日  時:2022年月4日24日(日)10:00〜16:30 ■開催方法:Web会議サービス「Zoom」 ■参加費:無料 ■イベント詳細、参加登録は下記サイトをご確認ください。 https://www.ithems22.academist-cf.com/ 理化学研究所 数理創造プログラム(iTHEMS)では、数学を共通言語として 物理、生物、宇宙などさまざまな科学分野横断的な研究をしています。 各分野の若手研究者が最先端の研究について、 中学生や高校生にもわかるように講演します。 講演後も研究者たちと話せる時間がたっぷりありますので 当日はぜひ、たくさんの疑問・質問を投げ...

数理が読み解く科学の世界

2022年4月24日
■日  時:2022年月4日24日(日)10:00〜16:30 ■開催方法:Web会議サービス「Zoom」 ■参加費:無料 ■イベント詳細、参加登録は下記サイトをご確認ください。 https://www.ithems22.academist-cf.com/ 理化学研究所 数理創造プログラム(iTHEMS)では、数学を共通言語として 物理、生物、宇宙などさまざまな科学分野横断的な研究をしています。 各分野の若手研究者が最先端の研究について、 中学生や高校生にもわかるように講演します。 講演後も研究者たちと話せる時間がたっぷりありますので 当日はぜひ、たくさんの疑問・質問を投げ...

"Data Science for Quality" 産官学連携シンポジウム

2022年3月27日
"Data Science for Quality" 産官学連携シンポジウム 【趣旨】 統計数理研究所長 椿広計の2021年度デミング賞本賞の受賞を記念して シンポジウムをオンラインにて開催します。激動する社会に資する 品質の確立に向けて、データサイエンスをどのように位置づけるかを 議論し、日本のモノつくり・コトつくりの今後を考えます。 【開催日時】 2022年3月27日(日)14:00-18:00 【形式】 オンライン(Zoomウェビナー登録制、参加無料) 【参加登録】下記よりご登録下さい。 https://us02web.zoom.us/webinar/reg...

【森重文×坂上貴之 特別対談】数学は社会でどういきている?ー数学研究の本質を探る

2022年3月12日
古くはナイル川の氾濫を防ぐための幾何学や、商売を円滑に行うための代数学など、数学は人間社会と共に長い年月をかけて発展してきました。現在でも私たちの生活や社会の至るところに数学がいきていますが、日常的に意識することは少ないかもしれません。今回のイベントでは、数学者として多くの実績を残されてきた2名をお招きし、講演・対談を通じて数学の本質を考え、社会との接点について考えていきます。 ■日時:2022年3月12日(土) 13:00 ~ 14:30 ■会場:ZOOM ■定員:500名 ■参加費:無料 ※途中参加・退出OK ※下記ウェブサイトより参加登録をお願いいたします。(URLは登録後の...

AIMaP公開シンポジウム「数学イノベーションは社会を変革できるか〜AIMaP成果と今後の戦略的展開〜」

2022年3月10日
AIMaP公開シンポジウム 「数学イノベーションは社会を変革できるのか~AIMaP成果と今後の戦略的展開~」 ◇イベント詳細はこちらから◇ ➡⇒➡ https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/special21/ ※シンポジウム当日の模様を 下記YouTube九大公式チャンネルにてアーカイブ公開しております。 YouTube URL:https://youtu.be/AN5HE8ubeBM    ※尚、本公開シンポジウム開催については     5月23日付の「週刊文教ニュース」に掲載されました.               ...

データサイエンスにおける産学連携シーズ 〜森林産業における数理モデルの展開〜 ROIS・統数研 産学連携・知的財産セミナー

2022年2月18日
■日時 2022年2月18日(金)14:00〜16:00   ■形式 オンライン (Zoomウェビナー、1,000名まで) ■参加 要登録・無料  ■ウェブサイト ※下記ウェブサイトよりご登録をお願いいたします。  https://sanren.rois.ac.jp/seminer-notice06.html https://www.ism.ac.jp/events/2022/meeting0218.html ■概要 データサイエンスの研究を紹介し、そこに含まれる産学連携シーズについてフランクにパネル討論します。今回は森林産業をテーマとして取り上げます。 かつて木材生産を...

【オンライン開催】諸分野・企業からみた数理科学との連携

2022年2月16日
  ■日  時:2022年2月16日(水)12:55~17:55 ■開催方法:Zoomによるオンライン開催 ■webサイト http://mmc01.es.hokudai.ac.jp/MSC202201/index.html ■事前参加登録が必要です。下記サイトよりご登録をお願い致します。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeFaQ7CaeCo_WNr28WOJGI4U289Iy51VOpG4FwQfvKa8E4h_g/viewform ■プログラム 2月16日 12:55~Opening~ 13:00 – 1...

【ハイブリッド開催】数理科学・計算科学の産学連携 ― 数理最適化の現在と未来

2022年2月4日
■日時:2022年2月4日(金) 13:00 ~ ■ハイブリッド開催:京都大学 数理解析研究所420号室+オンライン  ※社会状況を鑑み、開催形式を変更する可能性がございます。   その場合は改めてご案内させていただきます。 ■事前登録制:2月3日正午までに下記フォームより事前登録をお願いいたします。 登録フォーム Zoomによるオンライン参加の方へ:事前登録をなさった方にのみ,当日の朝までに具体的な情報をお知らせします。  ■ウェブページ:https://www.kurims.kyoto-u.ac.jp/ja/aimap2021.html ■プログラムPDF: ≪講演会≫ ...

2021年度スタディグループ1 第2回「機械学習による業務用食材の出荷量予測」

2022年1月20日
2021年度スタディグループ1 第2回「機械学習による業務用食材の出荷量予測」 実データを用いた出荷数量予測 ■課題提言者:株式会社マルト水谷                              宮下 仁 氏          上嶋 健太  氏 ■開催日時:2022年1月20日(木)15:00~17:00 ■開催場所:名古屋大学理学部A館4階 A440号室 ■スタディグループについて: 名古屋大学大学院多元数理科学研究科では、 2016 年度からスタディグループという産学連携活動を実施しています。 スタディグループとは、 企業から数学を使って解決すること...

数理科学オープンイノベーションセッション

2021年12月22日
■日時:2021年12月8日、15日、22日 ■開催形態:非公開 ■企画番号:2021A002...

【オンライン開催】OS10 AIMaP企画 メタマテリアルの数理科学(第12回横幹連合コンファレンス 企画セッション)

2021年12月19日
メタマテリアル創出に、トポロジー最適化と折紙工学が貢献している。どのようなメタマテリアルが これまで両分野から 作り出されているか、そしてそれらの製造法の議論と数理科学との関わりについても検討する。 ■日時:2021年12月19日(日)14:45 ~ 16:15 ■場所:オンライン開催 ■事前登録制:(早期割引期間):11月  1日(月)~12月10日(金)        (当  日  受  付) :12月11日(土)~12月19日(日) ※下記webサイトよりご登録をお願い致します。 ■Webサイトページ: https://www.trafst.jp/trafst2021/ ...

【オンライン開催】ICMSワークショップ「サステナブルな水産利用に向けた数理科学連携の可能性」

2021年12月17日
ICMSワークショップ サステナブルな水産利用に向けた数理科学連携の可能性   気候変動や乱獲によって漁獲できる水産資源は減少傾向にあり,魚種によっては資源の枯渇の危機に瀕している. このような問題に対し,様々な研究が進められている. 本ワークショップでは,海洋環境,養殖技術,資源利用の3つの視点からそれぞれの取り組みを紹介し, ディスカッションを通じて100年後も魚が並ぶ食卓の実現に向けた数理科学連携の可能性を探索する. 【日時】2021年12月17日 13:00-16:00 【方法】Zoomによるオンライン.     参加登録フォームに参加登録を...

数理科学オープンイノベーションセッション

2021年12月15日
■日時:2021年12月8日、15日、22日 ■開催形態:オンライン ■プログラム:非公開 ■主催: 東北大学数理科学連携研究センター 東北大学 AIMR 数理科学オープンイノベーションセンター ■企画番号:2021A002...

ソフトウェアの知財・データマネジメント事例のご紹介  ~ 第5回 ROIS産学連携・知的財産セミナー ~

2021年12月13日
■日時 2021年12月13日(月)14:00〜16:00   ■形式 オンライン (Zoomウェビナー、1,000名まで)  ■参加 無料・要申込 ※下記ウェブサイトよりご登録をお願いいたします。  https://sanren.rois.ac.jp/seminer-notice05.html ■概要 ICT分野における産学連携によるイノベーション創出を目指す知財・データマネジメントの取組事例をご紹介します。 企業とアカデミア機関のギャップを埋め、共創を進めていくためのポイントを議論させていただきたいと考えています。 ■プログラム ▶第一部「魔の川を渡るICT分野の...

スタディグループ2 2021年度第1回「地域配送のルート提示(ナビゲーション)システムの構築」

2021年12月9日
2021年度スタディグループ2 第1回「地域配送のルート提示(ナビゲーション)システムの構築」 複数台・オンデマンド配送・コストの考慮 ■課題提言者:アリッツ株式会社                            梅田 英輝   氏          斎藤 克典  氏 ■開催日時:2021年12月09日(木)15:00~17:00 ■開催場所:ハイブリッドオンライン形式(名古屋大学理学部B館1階B114号室) ■スタディグループについて: 名古屋大学大学院多元数理科学研究科では、 2016 年度からスタディグループという産学連携活動を実施しています。 ...

数理科学オープンイノベーションセッション

2021年12月8日
■日時:2021年12月8日、15日、22日 ■開催形態:オンライン ■プログラム:非公開 ■主催: 東北大学数理科学連携研究センター 東北大学 AIMR 数理科学オープンイノベーションセンター ■企画番号:2021A002...

【オンライン開催】第8回筑波大学RCMSサロン「ウェーブレットフレームとその応用」

2021年12月2日
筑波大学数理科学研究コア(RCMS)では,分野横断的な研究交流の一助となる ことを目指し,様々な研究分野の相互理解を推進する場として「RCMS サロン」 を開催しています.今回は「ウェーブレットフレームとその応用」がテーマです. ウェーブレット理論は効率良く信号処理をする手法として日々発展をしてきた. ウェーブレットに関連した最近の話題について3 名の専門家に講演して頂きます. ■日時:2021年12月2日(木) 15:15〜17:15 ■場所:オンライン(事前申込制) ■Webページ: http://rcms.math.tsukuba.ac.jp/events/rcms-sa...

【オンライン開催】第5回 精度保証付き数値計算の実問題への応用研究集会 (NVR 2021) ・ JST/CREST「モデリングのための精度保証付き数値計算論の展開」成果報告会

2021年11月27日 - 2021年11月28日
第5回 精度保証付き数値計算の実問題への応用研究集会 (NVR 2021) ・JST/CREST「モデリングのための精度保証付き数値計算論の展開」成果報告会 Workshop on Numerical Verification Method for Real World Problems 2021・JST/CREST "Development of Verified Numerical Computations for Mathematical Modeling" Result Briefing ■開催日時: 2021年11月27日(土)8:55 ~17:00、11月28日(日)9...

【オンライン開催】「AIによるデータの数理的品質評価」ウェビナー開催のご案内

2021年11月25日
一般社団法人 日本IT団体連盟 国家データ連携基盤プロジェクト主催にてウェビナーを開催いたします。 DX時代において必須とされるAI/機械学習は、数理的なモデルの実装であり、そこに使用されるデータ には数理的な整合性が必要になります。旧来より、データの品質について様々なアプローチが考えられ てきましたが、今後のAI時代を踏まえると、IoTにおけるデータを中心とした「データの数理的な整合性」 に関しての品質を検討していくことも極めて重要になっております。 AI時代における数理的品質とは何かについてご紹介いたします。 つきましては、貴団体の会員企業様にもご案内告知とご参加いただきたく存...

2021理研シンポジウム 「計算で物事を理解する予測する」~ 産業界の実問題に立ち向かうサイエンス ~

2021年11月25日 - 2021年11月26日
サイエンスを如何にしたら価値に変えられるか、このシンポジウムはそれを問う試みです。 現代社会は、エネルギー、環境、人口、高齢者の健康など多くの難問を抱え、日本はものづくりの 弱体化が危惧されています。民間企業では時代に即した研究開発の在り方が死活問題です。 計算科学の使命は分野を跨がる横糸にあり、今回も多くの専門分野が交叉します。専門性に課題を 合わせ深く掘る縦糸と相俟って知を拓きます。最先端の理論と実装可能なモデル化により実問題の 解決を志向します。先端の実験家を交え、原子分子の計算科学、データサイエンス、未病健康の 新サイエンス、量子コンピュータ、産業界の実テーマ、そして「圏論」のフ...