ABOUT US
AIMaPについて

ご挨拶

文部科学省科学技術試験研究委託事業「数学アドバンストイノベーションプラットフォーム」(AIMaP: Advanced Innovation powered by Mathematics Platform, H29~R3年度)は、「数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム(略称:数学協働プログラム)」(中核機関:統計数理研究所, H24~28年度)で構築された研究活動のネットワーク型基盤を受け、数学・数理科学と諸科学分野・産業との協働を推進する組織的な取り組みです。九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(IMI)が幹事拠点となり、全国12の数学・数理科学機関を協力拠点としたオールジャパン体制を築いています。本事業の目的は、数学・数理科学の活用によりイノベーションにつながる可能性がある分野や業界等を中心に、産業界や諸科学分野において潜在する数学・数理科学へのニーズ(数学・数理科学を活用することで解決が期待される問題等)を積極的に発掘し、その問題の解決にふさわしい数学・数理科学研究者との協働による研究を促進する仕組みを、全国的ネットワークを活用する形で構築することです。具体的な主な活動は以下の通りです。

  1. 訴求活動を通した、重点化連携分野等へのアプローチ
  2. 数学・数理科学と諸科学・産業界との共同研究マッチングの推進
  3. 上記活動のフォローアップ、成果やノウハウ等の集約・整理、水平展開、人材育成への活用

AIMaP事業は、数学・数理科学の研究者およびそれを応用する研究者、さらに利活用する民間の方々に広く開かれています。わが国の数学・数理科学の知を結集し、諸科学・産業界に文字通り異次元のイノベーションがもたらされることを願ってやみません。関係各位におかれましては、本事業に積極的に参画してくださり、盛り立ててくださいますよう切にお願い申し上げます。

佐伯 修

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
代表 佐伯 修

AIMaPの活動

九州大学IMIは、AIMaP幹事拠点として、12の協力拠点との連携のもと、外部有識者により構成される運営委員会を設置して活動を行っています。

1. 諸科学・産業との協働に関する情報の集約・分析
●数理技術相談データベースの構築・運営
●幅広い分野から重点化連携分野を選定
 
 
2. 重点化連携分野へのアピール
●諸科学分野・業界団体の会合における数学応用セッション等の開催
●産業界と数学研究者・大学院生との出会いの場の企画・開催
●数理技術相談データベースを通じて技術相談を受付
3. 諸科学・産業との協働による研究の促進
●諸科学・産業向けに数学応用事例や数学的手法を紹介(チュートリアル開催等)
●スタディグループ:問題解決型短期集中研究集会の開催
●研究集会・ワークショップ等の開催
4. 異分野連携の成果とノウハウの集約・水平展開
●諸科学・産業との連携の成果やノウハウを全国の効力拠点で共有
●出版事業

AIMaP ロゴマークについて

文部科学省委託事業「アドバンストイノベーションプラットフォーム」(AIMaP:Advanced Innovation powered by Mathematics Platform)は平成29年度より5年間にわたって実施する数学・数理科学と諸科学分野・産業との協働を推進する組織的な取り組みです。九州大学マス・フォア・インダストリ研究所(IMI)が幹事拠点となり、全国12協力拠点を基盤とする数学コミュニティと全国的ネットワークの構築を促進して参ります。

コンセプト

大小の円は数学者とパートナーのつながり、融合、そして未来への広がりを表現しています。 球体の中に数字や記号を配置(ナビエートークス方程式左辺、リーマンゼータ関数左辺、円周率)、パートナーとの出会い【数学が取り持つ和=円】が立体的な結果に繋がること、を願います。

コンテンツ

AIMaP協力拠点

AIMaP協力拠点

AIMaP運営委員

AIMaP運営委員

AIMaPニュースレター

AIMaPニュースレター