イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

反応拡散系のパターン形成とその応用

2019年2月16日 @ 13:30 - 2019年2月17日 @ 14:20

■開催日時:2019年2月16日(土)~2月17日(日)
■開催場所:岡山大学 津島キャンパス 理学部2号館 第9講義室

HP 岡山大学理学部数学科

本研究集会では「数学相談」の時間が設定されており,参加者から講演者・世話に 数理科学の応用に関する質問や技術相談を行うことができます。
ご活用ください。

■プログラム (変更の可能性があります)

2 月16 日(土)
 13:30 ~ 14:20 - 倉田和浩(首都大学東京) 
 "Existence and stability of one-peak symmetric stationary solutions for the Schnakenberg model with heterogeneity" 
 14:30 ~ 15:20 - 松澤寛(沼津高専)
  "Asymptotic proles of solutions and propagating terrace for a free boundary problem of nonlinear diffusion equation with positive bistable nonlinearity"
  15:40 ~ 16:30 - 三浦岳(九州大学) 
 「頭蓋骨縫合線のパターン形成」
  16:40 ~ 17:30 - 栄伸一郎(北海道大学)
  「質量保存則を持つ反応拡散系におけるパルスの運動」

2 月17 日(日)
  9:30 ~ 10:20 - 須志田隆道(北海道大学) 
 「反応拡散方程式による網膜情報処理の階層モデルと残像錯視」
  10:3 ~ 11:20 - 中村健一(金沢大学) 
 「双安定型反応拡散系の単調な進行波」

 数学相談・昼食休憩
 
  12 : 30 ~ 13 : 20 - 出原浩史(宮崎大学) 
 "Spatio-temporal coexistence in the cross-diffusion competition system"
  13 : 30 ~ 14 : 20 - 村田実貴生(東京農工大学) 
 「反応拡散系のセル・オートマトン化」

■世話人:下條 昌彦(岡山理科大学 理学部・応用数学科)
     物部 治徳(岡山大学 異分野基礎科学研究所)
     谷口 雅治(岡山大学 異分野基礎科学研究所)

■共催:岡山大学異分野基礎科学研究所,文部科学省委託事業 AIMaP(受託拠点: 九州大学IMI)
■後援:大下承民(岡山大学 自然科学研究科) 岡山大学 数学連携グループ

■採択番号:2018A013

プログラム

詳細

開始:
2019年2月16日 @ 13:30
終了:
2019年2月17日 @ 14:20
イベントカテゴリー:
, ,
サイト:
http://www.math.okayama-u.ac.jp/~taniguchi/aimap2019/

会場

岡山大学津島キャンパス理学部2号館
岡山市北区津島中3-1-1 + Google マップ