イベントを読み込み中

« すべてのイベント

【オンライン開催】第4回 精度保証付き数値計算の実問題への応用研究集会 (NVR 2020)

11月28日 @ 10:40 - 11月29日 @ 17:05

第4回 精度保証付き数値計算の実問題への応用研究集会 (NVR 2020)
Workshop on Numerical Verification Method for Real World Problems 2020

■開催日時: 2020年11月28日(土) ~11月29日(日)
■場所:新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、Zoomでのオンライン開催とします。
■webページ:http://verifiedby.me/nvr2020/
■研究集会の趣旨
線形計算から微分方程式の数値計算まで、精度保証付き数値計算は数値計算の 多くの分野をカバーし発展を遂げてきました。 今は、その技術の普及が求められています。 本研究集会は、 さまざまな実問題に対する精度保証付き数値計算の応用に関する情報交換及び、 それを通じた共同研究の促進を目的としています。

必ずしも完成された研究でなくてもよく、未完成または未着手でも新しい面白い 話題を求めています。 また、実問題へ応用するのに役立つ理論や実装技術など、精度保証付き数値計算の 普及に貢献する幅広い話題を歓迎します。
■会議の聴講:無料
■参加登録:聴講するには、事前登録が必要です。上記webページをご確認ください。

プログラム
11月28日(土)

9:30-10:40  (Zoomの接続確認)
10:40-11:20  柏木 雅英 (早稲田大学)
        精度保証付き二重積分について
11:20-12:00  内海 晋弥 (学習院大学)
        非多項式有限要素基底の積分値の包含法とその応用
12:00-13:30  (昼食)
13:30-14:10  関根 晃太 (東洋大学), 中尾充宏 (早稲田大学), 大石 進一 (早稲田大学)
        半線形楕円型偏微分方程式の線形化作用素L:D(Δ)→L2に対するSchur補元を用いた逆作用素の表現方法
14:10-14:50  渡部善隆 (九州大学),木下武彦 (佐賀大学), 中尾充宏 (早稲田大学)
        重調和方程式に対するLegendre多項式を用いた構成的誤差評価
14:50-15:05  (休憩)
15:05-15:45  南畑 淳史 (中央大学)
        LU分解を用いた疎行列向けの精度保証付き数値計算法とその応用
15:45-16:25  菱沼 利彰 (株式会社科学計算総合研究所), 森田 直樹 (株式会社科学      計算総合研究所, 筑波大学)
        AVX2を用いた高速な倍々精度疎行列計算ソフトウェアの開発と構造解析ソフトウェアへの応用
16:25-16:40  (休憩)
16:40-17:20  椋木 大地 (理研R-CCS),尾崎 克久 (芝浦工業大学), 荻田 武史 (東京女子大学)
        尾崎スキームによるbinary128行列積
17:20-18:00  尾崎 克久 (芝浦工業大学), 椋木 大地 (理研R-CCS), 荻田 武史 (東京女子大学)
        GPUを用いた行列積のエラーフリー変換とその応用

11月29日(日)

9:45-10:25       山本 野人 (電気通信大学), 新田 光輝 (電気通信大学)
        非双曲型平衡点・不動点を持つ系のLyapunov関数について
10:25-11:05  高安 亮紀 (筑波大学)
        Global dynamics in a quadratic nonlinear Schrödinger equation
11:05-11:20  (休憩)
11:20-12:00  久保 隆徹 (お茶の水女子大学)
        時間遅れを考慮に入れたBurgers方程式の大域解について
12:00-13:30  (昼食)
13:30-14:10  大石 進一 (早稲田大学), 関根 晃太 (東洋大学)
        エルニーニョを記述する強制遅延微分方程式の分数調波解の存在の計算機援用証明
14:10-14:50  大石 進一 (早稲田大学), 関根 晃太 (東洋大学)
        強制外力のある遅延Duffing方程式の逆分岐ダイアグラム問題と分数調波解の存在の計算機援用証明
14:50-15:05  (休憩)
15:05-15:45  田中 敏 (東北大学)
        1次元Hénon方程式の正値対称解のモース指数と対称性破壊分岐について
15:45-16:25  浅井 大晴 (早稲田大学), 田中 一成 (早稲田大学), 大石 進一(早稲田大学)
        精度保証付き数値計算を用いたHénon方程式の対称性に関する考察
16:25-17:05  田中 一成 (早稲田大学)
        エノン方程式の解に対する正値性検証法>

■お問い合わせ先:
E-mail: nvr@verified.computation.jp
■世話人:
柏木 雅英 (早稲田大学)
関根 晃太 (東洋大学)
南畑 淳史 (中央大学)
大石 進一 (早稲田大学)
■サポート:
主催: JST / CREST モデリングのための精度保証付き数値計算論の展開
本ワークショップは、 文部科学省科学技術試験研究委託事業「数学アドバンストイノベーションプラットフォーム(AIMaP)」 の協力を得て実施します。
アンケート

■企画番号:2020A007

詳細

開始:
11月28日 @ 10:40
終了:
11月29日 @ 17:05
イベントカテゴリー:
,