イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

【2019A022】【オンライン開催】離散微分幾何と有限要素法の融合.建築とCGヘの応用

2020年12月23日 @ 10:00 - 17:50

新型コロナウイルス感染症のため、昨年度より延期となっておりました
「離散微分幾何と有限要素法の融合.建築とCGヘの応用」が、
下記日程により、オンラインで開催されることとなりましたので
お知らせいたします。

■開催日時: 2020/12/23(水) 10:00 – 17:50 

■開催方法:
九州大学 伊都キャンパスウエスト1号館D棟4階IMIオーディトリアム(W1-D-413)と
Zoomウェビナーによるハイブリッド型
参加ご希望の方はこちらから登録をお願い致します
ご登録いただいた方にはZoomのミーティングリンク等をお知らせ致します。

■プログラム
10:00-11:10
古典的Plateau問題の有限要素近似について(1)
土屋 卓也(愛媛大)

11:20-12:30
古典的Plateau問題の有限要素近似について(2)
土屋 卓也(愛媛大)

– 昼休み –

13:40-14:50
離散微分幾何と有限要素法の関係について(1)
廣瀬 三平(芝浦工大)

15:10-16:20
離散微分幾何と有限要素法の関係について(2)
廣瀬 三平(芝浦工大)

16:40-17:10
空間構造における形状解析と応力変形解析について
横須賀 洋平(鹿児島大)

17:20-17:50
HDG法の超収束について
及川一誠(筑波大)

■主催:筑波大学数理科学研究コア
■共催:九州大学マス・フォア・インダストリ研究所
   (文部科学省科学技術試験研究委託事業「数学アドバンストイノベーションプラットフォーム (AIMaP)」受託機関)
■協力:JST CREST[数理的情報活用基盤]設計の新パラダイムを拓く新しい離散的な曲面の幾何学
■実行委員
 井ノ口 順一(筑波大学)(委員長)
 照井 章(筑波大学)
 及川 一誠(筑波大学)
 梶原 健司(九州大学)
 軸丸 芳揮(九州大学)

■ウェブページ:
http://ed3ge.imi.kyushu-u.ac.jp/event/2020/m20201223aimap.html

■企画番号:2019A022

今後の参考にさせていただくため、参加者のみなさまには
参加後アンケートへのご協力をお願いいたします。
→アンケートはこちらから

アンケートQPコード

詳細

日付:
2020年12月23日
時間:
10:00 - 17:50
イベントカテゴリー:
,