PICK UP NEWS新着情報

イベント 終了しました

アジア・太平洋における数理融合イノベーションの場の形成/Mathematical Interdisciplinary Innovation in Asia- Pacific を開催しました

アジア・太平洋における数理融合イノベーションの場の形成
Mathematical Interdisciplinary Innovation in Asia- Pacific
(「数学・数理科学専攻若手研究者のための異分野・異業種研究交流会2021」)
を開催しました

■日  時:2021年11月13日(土)12:00~12:55

■開催方法:オンライン(Zoomウェビナー)

■事前参加登録制:
↓お申し込みはこちらから↓
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_2z5B89pUQomt0zjgpo1YGg 

■イベント詳細は、下記ウェブページをご覧ください。

https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021k003/

https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/career21/

ポスターリーフレット

スタディグループ1 2021年度第1回 機械学習による業務用食材の出荷量予測 を開催しました

スタディグループ1 2021年度第1回

機械学習による業務用食材の出荷量予測

を開催しました

■日時:2021年11月11日(木)15:00~

■開催会場:名古屋大学理学部B館1階 B114号室

■イベント詳細は下記ウェブページをご覧ください。

https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021a009-1/

社会課題は数理科学で解決できる!? -試みと課題-を開催しました

社会課題は数理科学で解決できる!? -試みと課題- を開催します

■日  時 2021年10月26日(火)10:00~17:00 

 

■開催方法 Zoomによるオンライン (名古屋大学 野依記念学術交流館オンサイトとのハイブリッド開催)

 

■イベント詳細は下記ウェブページをご覧ください。
https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021p003/

「第1回高校生のための現象数理学入門講座と研究発表会」(明治大学 MIMS・現象数理学研究拠点)を開催しました

「第1回高校生のための現象数理学入門講座と研究発表会」(明治大学 MIMS・現象数理学研究拠点)を開催しました

日時:2021年10月9日(土)~10日(日) ※参加無料

開催方法:Zoom Webinarによるオンライン開催

   高校生や高校教諭に限らず、どなたでも視聴できます。

■参加登録申込期間: 2021年9月1日(水)~開催当日 

■イベント詳細は、下記ウェブページをご覧ください。

https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021p004/

『生体工学と数学の接点を求めて』を開催しました

生体工学と数学の接点を求めて をオンライン開催しました

 

■日時:2021年10月5日(火曜日)10:00~15:00

■イベント詳細は、下記ウェブページをご覧ください。
https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021a014/

大阪大学に所属する数理科学・データ科学・計算科学の研究者の中から
画像解析、ロボット工学、生体工学、分子計測の専門家を講演者に迎え、
深層学習による画像センシングの最適化、
個別化医療支援を視野にメカニクスを通じて生体現象を理解する手法、
行動ビッグデータの計測・分類・制御から現場で求められる人間行動の言語化、など
生体工学を中心として最新技術を紹介した。
生命科学・医療分野におけるモデリングやデータ利活用技術について多角的な情報共有をすすめ、
圧縮センシング、機械学習、数値シミュレーション、大規模並列計算等の数理的アプローチの
貢献を探り、数理科学・データ科学に関して発展的な話題を模索した。

W01100 高度な自動運転を実現するための数理の現状と課題[計算力学部門,設計工学・システム部門企画](日本機械学会 2021年度年次大会) を開催しました。

2021年9月8日(水)、W01100 高度な自動運転を実現するための数理の現状と課題[計算力学部門,設計工学・システム部門企画](日本機械学会 2021年度年次大会)をオンラインにて開催しました。

 

 

イベント詳細は、下記ウェブページをご覧ください。
https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021a006-1/

■事前参加登録(有料)が必要です。下記サイトよりご登録をお願い致します。

https://confit.atlas.jp/guide/event/jsme2021/static/registration_fee

SICE-JSAE-AIMaP Advanced Automotive Control and Mathematicsを開催しました

2021年9月8日(水)、SICE-JSAE-AIMaP Advanced Automotive Control and Mathematics をオンラインにて開催しました。

 

 

自動車産業は現在、交通事故の削減、カーボンニュートラル、脱炭素社会な社会の実現、新しい動きの価値の提供を目的として変革を遂げています。実現には自動車技術を大幅に進化させる必要があるため、AI(人工知能)、機械学習、制御理論、最適化、数学への期待は年々高まっています。SICE(計器制御技術会)とJSAE(日本自動車技術会)が設立したSICE-JSAE自動車制御・モデリング技術委員会では、AIMaP(数学アドバンストイノベーションプラットフォーム)とともに様々な活動を行ってきました。この特別セッションでは、最新の自動車技術と数学のコラボレーションを紹介し議論を行いました。

 

■SICE2021ウェブページ
https://www.sice.jp/siceac/sice2021/
■イベント詳細は、下記ウェブページをご覧ください。
https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021k002/

 

【オンライン開催】Study Group Workshop 2021を開催しました

2021年7月28日(水)~ 8月3日(火)
Study Group Workshop 2021をオンラインにて開催しました。

スタディグループの原型は、産業界における数学的問題を解決すること、あるいは数学を軸にした産業界との共同研究や連携活動の種を見出し、その芽を育てることを目的に、1968年にオックスフォード大学で始まりました。現在では同様の形式により世界各国で行われています。 スタディグループでは、産業・自治体・病院などの様々な分野から問題提供者を募り、それぞれが抱える問題で数学を使えば解決に至ると期待できるものを、数学の研究者・学生に対して紹介・解説してもらい、概ね一週間の会期中、協力して解決を目指します。 提起された問題は、会期中に解けてしまうこともありますし、解決はできなかったもののその糸口が見つかり、その後、契約等を結び共同研究を推進して行くケースもしばしばあります。 もちろん、具体的な解決に結びつかないこともあります。 しかしスタディグループの大切な役割は、具体的な問題の解決のみならず、産業界と大学等の数学研究を結ぶ協働の場を提供することにあります。問題提供する企業などにとっては、大学とのコネクションを築くことで、大学の知識を活用しやすくなります。 数学研究に携わる者にとっては、実問題に接することができる貴重な体験となり、解決を目指すプロセスを異分野の方と共有することで、参加した学生やポスドクを含む若い人たちの興味・関心も広がり、キャリアパスの多様化を生むことが期待されます。

なお、今回のスタディグループは、文部科学省の卓越大学院プログラム 「マス・フォア・イノベーション卓越大学院」の 活動の一環としても実施するものです。学部生も含めた、学生の皆さんの積極的な参加を期待しています。

■研究会ウェブページ
https://sgw2021.imi.kyushu-u.ac.jp/

■参加登録:下記URLより事前にご登録が必要です
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfhMPPIvHvTayOR8wM17iqgud0JTA74hzUVfv8q0Y56FXBeog/viewform

■プログラム
http://sgw2021.imi.kyushu-u.ac.jp/problems.html

■SGWについて

https://sgw.imi.kyushu-u.ac.jp/index.html

筑波大学数理科学研究コア 第6回RCMSサロン「トポロジーとその応用」をオンライン開催しました

2021年7月14日(水)
”筑波大学 数理科学研究コア(RCMS)主催 RCMSサロン

「トポロジーとその応用」”をオンラインにて開催しました

 

筑波大学数理科学研究コア (RCMS) では分野横断的な研究交流の一助となることを目指し、

互いの研究分野の相互理解を推進する場として「RCMS サロン」を開催しています。

今回は「トポロジーとその応用」がテーマです。

今世紀に入ってから、「トポロジカル」という形容詞を純粋数学以外の文脈で

耳にすることが多くなりました。

どんなことが話題になっているのか、3名の講師の先生がたに講演して頂きます。

昨年度企画した会ですが、コロナウィルスの流行により1年間延期いたしました。

このたびオンラインで開催いたします。

 

登録方法やイベント詳細は、下記ウェブページをご覧ください。

https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021a003/

http://rcms.math.tsukuba.ac.jp/events/rcms-salon-6

”大阪大学 数理・データ科学教育研究センター 主催 講演会・討論会 「網羅的蛋白質合成システムと数理科学が拓く細胞内シグナル経路解明の新展開」”をオンライン開催しました

2021年7月17日(土)
”大阪大学 数理・データ科学教育研究センター 主催 講演会・討論会

「網羅的蛋白質合成システムと数理科学が拓く細胞内シグナル経路解明の新展開」”を
オンラインにて開催しました

 

昨年10月に同センターが主催した国際シンポジウムに引き続き
愛媛大学プロテオサイエンスセンター澤崎達也教授より
網羅的にタンパク質をデザインし合成できるシステムの構築と
生体内反応パラメータの大規模取得の際の解析手段としての有効性について
基調講演をいただきました。

数理モデリング、パラメータ同定、数値シミュレーション、オミクス解析など
さまざまなアプローチ
から数理科学の医学・生物学研究における貢献可能性を検討し、
近接分野の最先端の研究者から研究の最前線についてご紹介いただき、
幅広い議論・討論を展開しました。皆様ご参加誠にありがとうございました。

 

イベント詳細は、下記ウェブページをご覧ください。
https://aimap.imi.kyushu-u.ac.jp/wp/event/2021a011/